ベトナム 手刺繍見学ツアー 5日間
2013年1月5日間
 ベトナム刺繍は17世紀に中国から伝えられたといいます。初めは王族の衣装や王宮を飾るために愛用され、その後刺繍の発展と共に職人たちによって受け継がれてきました。それが現在の絵画的な作品、刺繍絵として進化したのです。
 ベトナム刺繍は糸を1本ずつ自然染料で染め上げ、人の手によって一針一針丁寧に縫い上げていきます。鮮やかな色彩を表現するためにたくさんの色糸を使い、また微妙に色の違う糸を縫い混ぜて、自然の複雑さを忠実に写し取る技法が受け継がれています。現地では刺繍のお買いものは勿論、工房を訪問し、直接刺繍技術を見ることが出来ます。
 またベトナムの工芸品には手刺繍の他、バッチャン村で作られる陶磁器も有名です。八百年以上の歴史を持つバッチャン焼きも熟練の職人により、一つ一つ手作業で行われ、絵付けも勿論手書き。出来上がる作品はとても温かみのある焼き物です。今回はそのバッチャン村でお買い物もお楽しみいただきました。

お問い合わせ先
レース・刺繍・ニットの旅 担当
TEL:03-3588-0771 FAX:03-3588-0776
E-mail:info@wbc-tour.com